こんなところにフォトジェニックスポット!東京観光の定番をより満喫するポイントとは

東京観光で「浅草」を満喫しよう

浅草は江戸の町並みを残している部分が多く、東京観光でも人気のスポットです。日本各地からだけでなく、海外からの観光客にも人気があるのは古き良きものを大切に受け継いで来ているからでしょう。中でも浅草寺は、雷門の大提灯がフォトジェニックスポットになっています。とても混雑する場所ですが、高さ3.9m直径3.3mもあるので、どの角度からでもしっかりと撮影できます。日没から23時くらいまで大提灯が点灯されるので、夜に訪れるのもおすすめです。門を通り抜けるとき、忘れずに見ておきたいのが、大提灯の底の部分です。気にせずに素通りしてしまう人が多いですが、より満喫したいなら底の部分の見事な龍の彫刻をしっかりと見ておきましょう。2002年に地元の彫刻師が彫ったもので年代が古いものではありませんが、隠れたフォトジェニックスポットです。

浅草は和装で「映え」を演出できる

浅草寺は、五重塔を見たり常香炉で煙を浴びて祈願したりする楽しみもありますが、仲見世通りの散策も忘れてはいけません。浅草に旅行に来たら、仲見世通りでお土産を買う人も多いでしょう。特に和菓子は、人形焼やちょうちんモナカ、雷おこしなどが全国的にも有名です。昔ながらの和菓子だけでなく、モナカにアイスをはさめた和スイーツも人気がでています。いつもと違う旅行気分を味わいたい人は着物をレンタルし、和装で浅草寺や仲見世通りを歩いてみてはいかがでしょう。散策用に適した着物をレンタルしているお店が浅草駅周辺に点在し、平均的な利用価格は2,500円から3,000円ほどです。着物は浅草の町並みにぴったりで、「映え」を演出できます。

バイザポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です